講演会

「なぜ私は韓国に勝てたか」

朴 槿恵政権との500日戦争

2017-09-19掲載

2017年2月20日(月)、新日鐵住金(株)本社ビルにて講演会「なぜ私は韓国に勝てたか」(講師 : ㈱産経新聞 東京本社 編集局 社会部 編集委員 加藤達也氏)を開催いたしました。


講演会目次

1  「国民情緒法」がある?!
2  個別の「正義」が国をややこしくする
3  自画自賛 「平和的デモ」の真相
4  記事を書いたら「名誉毀損だ!」
5  見つからぬ弁護士
6  韓国検察はなぜ、筋の悪い告発を事件化したのか
7  検察との大一番
8  法廷で何が明らかになったか
9  国民情緒も見放した
10 日韓 懸案の解法は?


講師ご紹介

㈱産経新聞 東京本社 編集局 社会部 編集委員 加藤達也氏

1966年   東京生まれ
1991年   産経新聞社入社
       浦和総局、夕刊フジ報道部
1999年   社会部で警視庁(公安・警備部門)、拉致問題などを担当
2004年   韓国・延世大学校で語学研修
       社会部、外信部
2010年11月 ソウル特派員
2011年11月 ソウル支局長
2014年10月 社会部編集委員


講演時に配布した「講演要約」全文は、以下より閲覧可能です。

講演要約はこちら